最新情報 骨盤矯正

前重心 右脚の感覚がない、外反母趾の痛み

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体
の使い方<理論編>

<実践編>

赤ちゃん整体・発達障害〜
脊柱側湾症まで
中心軸をつくる骨格細分化調整
骨盤矯正


姿勢調整・指導


「マス目の歪み」とは
骨格細分化調整とは

トップページへ
初めての方はこちらへ
料金/営業時間
所在地/地図
検査から調整の流れ
お問い合わせはこちらへ

姿勢調整・指導スタッフ



会社概要  

関連サイト

脊柱側湾症・側湾症|中心軸整体
赤ちゃん整体・子供整体|中心軸整体
発達と歪み研究所

ちゅうしん健康日記
ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい
身体の使い方

骨格細分化調整師養成セミナー  

骨格細分化調整師として
・研究員を目指される方
・独立開業を目指される方
の為に研究員・骨格細分化調整師養成セミナーを開催しています

個別指導

個別指導「身体の偏りと使い方」(Tさん30代男性 野球、自転車)

個別指導「蹴りと腰痛」(Hさん40代女性 空手)

個別指導「ランニング後の脚疲労」(Nさん50代男性)

個別指導「腕の重さ、振れる腕」(Tさん30代男性 野球、自転車))

個別指導「腕の開発と日常動作の変化」(Hさん20代男性)

個別指導「早く動ける、長く走れる」(Jさん30代男性 野球)

個別指導「認識が変わると動きも変わる」(Fさん20代女性 気功、太極拳)

個別指導「過緊張と脚運動の偏り」(Oさん30代女性 バレエ講師)

姿勢調整・指導/実例

座り方を注意される

子供の姿勢


姿勢が悪く立ち方おかしい

子供の不良姿勢様々な原因

姿勢が悪い 落ち着きが無い 小学4年 男子

側湾症と立ち方・姿勢の誤認識

姿勢作りはお腹から

内反足 つまずきやすい ガニ股

前重心と情緒への影響

「頭部中心のズレによる、姿勢・目線・印象の違い」その1

「頭部中心のズレによる、姿勢・目線・印象の違い」その2

捻挫が重心を乱し、安定した成長に影響を与える

膝痛と前重心

正しくしゃがめない(座れない)事が、腰椎拘束と使えない股関節にしていく

前重心 右脚の感覚がない、外反母趾の痛み

 


座り方を注意される

Hくん 5才

「5才なんですが、保育園で、何時も注意されるんです」
「背もたれに寄りかかって、背中を丸めて、
脚を投げ出した座り方をするんです」

「他の子は上半身を立てて
脚を直角に曲げてきちんと座ってるのに」
心配そうにそう話されるお母さん。

股間節の屈曲角度は構造上、
70度で組織に接触します。
直角となる90度まで曲げておくのは、
実際、無理があります。

骨の周りに筋肉や神経などの軟部組織がなければ、
90度でも無理がないのかも知れませんが、
現実の身体は骨格模型ではありませんので、
諸々の組織を含む股間節の可動となると、
70度が快適値となります。

「70度となると、座った時、
膝を低くするようになるんですね」
「うちの子は、椅子の前側に座って、
膝を低くしているんです。
楽なんで、あんな座り方してたんですね」
「あの座り方の意味が分りました。
注意しなくてよかったんですね」

しかし、残念ながら
この事実はほとんど知られていません。
また、正座は股間節角度が丁度70度になるため、
構造上、無理のない姿勢をとれます。

この事を話していると、
「それでか〜家ではよく正座してるんです。
脚が短く、太くなるっていうから止めさせようとしてました〜(笑)」
脚が短くなる、太くなるというのも、何の根拠もない情報です。
この事から考えるとH君の座りは自然な状態です。

しかし現状は、著名な解剖学の本や、多くの本で
股間節の可動は約125度と書かれており、
非常に重要なこの部分が置き去りのまま、
誤認識情報による姿勢指導が続いています。

この時、座り方の正しい理解を知ってる大人がいると、
H君に必要な指導をする事が出来ます。

身長や脚の長さの違いなどで、
座った時の股間節の角度はそれぞれに違ってきます。
また、股間節角度だけでなく、
持って生まれた筋骨格状態の違いなども
座り姿勢に違いを与えます。

H君はマイペースで自分の身体に従っているタイプなだけですが、
親からすると、言われた通りに座っていられる子の方が
身体にも姿勢にも良いのではないかと思われると思います。

一見、同じ様に見える座り姿でも、
構造的に正しく座れている子と、
構造的にどこかに無理強いをさせて座っている子がいます。
この違いは「姿勢に関する構造的理解」
がないと、わかりません。

座りの安定は、気持ちの落ち着きや、
集中力に大きな影響を与えます。

座れていない事による腰椎への圧迫、
股間節拘束、下肢への血流低下、
これらは全身へ波及し、慢性的な不快感となります。

本来は親世代の大人達が座りの重要性、
その価値に対し正しい理解を深め、
座れる身体を次世代の子供達に残していく必要があります。
そのためにも、今回の書籍作成がありました。

限られた時間内での説明だけでなく、
書籍を通じてより正確に姿勢に関する
全体像の理解が可能となります。