最新情報 骨盤矯正

個別指導「蹴りと腰痛」(Hさん40代女性 空手)

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体
の使い方<理論編>

<実践編>

赤ちゃん整体・発達障害〜
脊柱側湾症まで
中心軸をつくる骨格細分化調整
骨盤矯正


姿勢調整・指導


「マス目の歪み」とは
骨格細分化調整とは

トップページへ
初めての方はこちらへ
料金/営業時間
所在地/地図
検査から調整の流れ
お問い合わせはこちらへ

姿勢調整・指導スタッフ



会社概要  

関連サイト

脊柱側湾症・側湾症|中心軸整体
赤ちゃん整体・子供整体|中心軸整体
発達と歪み研究所

ちゅうしん健康日記
ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい
身体の使い方

骨格細分化調整師養成セミナー  

骨格細分化調整師として
・研究員を目指される方
・独立開業を目指される方
の為に研究員・骨格細分化調整師養成セミナーを開催しています

姿勢調整・指導/実例

座り方を注意される

子供の姿勢


姿勢が悪く立ち方おかしい

子供の不良姿勢様々な原因

姿勢が悪い 落ち着きが無い 小学4年 男子

側湾症と立ち方・姿勢の誤認識

姿勢作りはお腹から

内反足 つまずきやすい ガニ股

前重心と情緒への影響

「頭部中心のズレによる、姿勢・目線・印象の違い」その1

「頭部中心のズレによる、姿勢・目線・印象の違い」その2

捻挫が重心を乱し、安定した成長に影響を与える

膝痛と前重心

正しくしゃがめない(座れない)事が、腰椎拘束と使えない股関節にしていく

個別指導「身体の偏りと使い方」(Tさん30代男性 野球、自転車)

個別指導「蹴りと腰痛」(Hさん40代女性 空手)


「頭部中心のズレによる、姿勢・目線・印象の違い」その2〜子供の目つき


「頭部中心のズレによる、姿勢・目線・印象の違い」その1
で述べた目の事について、もう少し見ていきます。

まず、歪みのない通常のマス目状態の
頭部を見てみます。
 子供姿勢 指導1
中央太い線は、横からの身体の中心ラインです。
ほぼ中央にあります。

頭部重心の安定は、そのまま姿勢に
反映されます。 

子供姿勢 指導2

次に、歪みのあるマス目状態を見てみます。
横からの身体の中心となる太いラインが前方にあります。
子供姿勢指導3

この中心ラインが前方にズレたまま、
立位、歩行へと発達していった場合の
姿勢を見てみます。

右は頭の角度を変えることで中心ラインを、
立位の中心に置き成長している状態です。
左は中心ラインが前方にズレたまま、
うつむき加減の頭の位置で成長している状態です。
子供姿勢指導4
どちらの場合も、頭頂部の中心ラインに対して
目の位置90度が自然な状態とすると、
右の場合、眼球は下向きになります。
左の場合、眼球が上向きになります。

右の場合、瞼の覆いかぶさった眠そうな目や、
見下げる様な目つきと思われやすい状態になりやすく、
左の場合は、上目遣い、もしくは、睨んだような目つきと
思われやすい状態になります。

成長に伴い、社会性を身に付ける中で、
表情や印象をコントロールするようになると
分かりにくくはなりますが、そうなるまでの間は、
こうした傾向にあることがあります。

目の動き、目の筋肉は頭皮と連動しています。
自閉症、知的障害のお子さんの多くに
眼球位置と頭部中心位置との不自然さを感じてきました。
バランスを取り切れない歪みの状態が
そこに表れているようにも感じていますが、
この事に関しては、今後もっと多くの事例を
見ていく必要があります。

ただ、一つの可能性として、
こうした要因というものを
知って頂くことで、子供さんとの関わりでの
誤解が少なくなると良いなと思っています。