最新情報 骨盤矯正

個別指導「腕の使い方と歩き」(Oさん 60代女性 ピアノ講師)

(1)骨格細分化調整とは 調整で何が変化するのか?

(2)構造的に正しい姿勢・身体の使い方 個別指導とは

骨格細分化調整・個別指導で何が変化するのか?

姿勢が変化
(猫背、反り腰について)

重心位置が変化

歩行が変化
(トレーニングの注意点)

大腰筋が働く

肩甲胸郭関節が使える
(パンチの極意)

音の響く方向が変わる

呼吸の方向が変わる

構造的に正しい姿勢と身体の使い方が出来るアスリートの解説

ゴルフ
タイガー・ウッズ

バレエ
マイヤ・プリセツカヤ
シルヴィ・ギエム

空手・格闘技
堀口恭司
朝倉未来
国分利人

ボクシング
井上尚弥
ワシル・ロマチェンコ
ゾラニ・テテ

マラソン
安藤友香

中心軸整体で提案する運動、トレーニング

(1)筋肉拘束とは
(2)揺動運動の三目的
(3)トレーニング7種
(4)型を忘れること
(5)トレーニングの要
(6)二種の運動不足
(7)動作意識点
(8)「ゆるむ」誤解

中心軸体操

(1)関節編
(2)脚編
(3)腕編

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体
の使い方<理論編>

<実践編>

赤ちゃん整体・発達障害〜
脊柱側湾症まで
中心軸をつくる骨格細分化調整
骨盤矯正


姿勢調整・指導


「マス目の歪み」とは
骨格細分化調整とは

トップページへ
初めての方はこちらへ
料金/営業時間
所在地/地図
検査から調整の流れ
お問い合わせはこちらへ

姿勢調整・指導スタッフ



会社概要  

関連サイト

脊柱側湾症・側湾症|中心軸整体
赤ちゃん整体・子供整体|中心軸整体
発達と歪み研究所

ちゅうしん健康日記
ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい
身体の使い方

骨格細分化調整師養成セミナー  

骨格細分化調整師として
・研究員を目指される方
・独立開業を目指される方
の為に研究員・骨格細分化調整師養成セミナーを開催しています

個別指導

個別指導「身体の偏りと使い方」(Tさん30代男性 野球、自転車)

個別指導「蹴りと腰痛」(Hさん40代女性 空手)

個別指導「ランニング後の脚疲労」(Nさん50代男性)

個別指導「腕の重さ、振れる腕」(Tさん30代男性 野球、自転車))

個別指導「腕の開発と日常動作の変化」(Hさん20代男性)

個別指導「早く動ける、長く走れる」(Jさん30代男性 野球)

個別指導「認識が変わると動きも変わる」(Fさん20代女性 気功、太極拳)

個別指導「過緊張と脚運動の偏り」(Oさん30代女性 バレエ講師)

個別指導「正しい動きをしてみたい」(Kさん70代女性 舞踊家

個別指導「偏った使い方の修正、股関節痛 (60代Tさん 調理師)

個別指導「腕の使い方と歩き」(Oさん 60代女性 ピアノ講師)

姿勢調整・指導/実例

座り方を注意される

子供の姿勢


姿勢が悪く立ち方おかしい

子供の不良姿勢様々な原因

姿勢が悪い 落ち着きが無い 小学4年 男子

側湾症と立ち方・姿勢の誤認識

姿勢作りはお腹から

内反足 つまずきやすい ガニ股

前重心と情緒への影響

「頭部中心のズレによる、姿勢・目線・印象の違い」その1

「頭部中心のズレによる、姿勢・目線・印象の違い」その2

捻挫が重心を乱し、安定した成長に影響を与える

膝痛と前重心

正しくしゃがめない(座れない)事が、腰椎拘束と使えない股関節にしていく

前重心 右脚の感覚がない、外反母趾の痛み

 


(8)「ゆるむ」という事の誤解

 「ゆるむ」というと、どの様なイメージが浮かぶでしょうか? 

辞書では
「緩む=緊張がほぐれる、油断する、固いものが柔らかくなる、締め付けが弱くなる」とあります。

身体の事に関して言えば、不要な筋緊張が解れて、動かしやすさを回復した適正な筋肉状態と言えます。そして、緩むの類語に「たるむ」があります。

「たるむ=張りつめた気持ちがゆるむ、緊張感が途切れる事、油断、慢心、だらける」

 「ゆるむ」と「たるむ」がごちゃ混ぜ状態の方を多く見受けます。また、身体は柔らかければ全て良いかのような誤解が蔓延しています。筋肉の凝りが少なく、柔らかいのは良い事ですが、必要な時にしっかりと固くなる、引き締まるようでないと、使い物になりません。

 凝りが少ない方が、血流も阻害されにくく、血行が良くなりそうですが、筋肉は使って伸縮する事で、ポンプ機能が働き血流を促しています。柔らかいだけで縮む力が弱いと、このポンプ機能も活かしきれません。ストレッチは行った時に血行が促されるので、効いてる感じがしやすいのですが、終わった後にスッキリ感よりも違和感が大きい場合や、継続しているのに調子が良くならない場合は、見直す必要があります。

 健康な肉体を維持するには、適正な筋肉状態である事が大切です。緊張と弛緩の繰り返しが筋肉運動です。緊張ばかりで弛緩出来ない、弛緩ばかりで緊張出来ないでは快適な動きになりません。不要な筋緊張を解放する事は大切ですが、必要以上に緩み過ぎることはマイナスとなります。筋肉は骨格を支える役割があります。適度な張り弾力がある事で骨格を支え、直立二足歩行での活動を可能にしています。

 必要以上にゆるみすぎると、この支えが弱くなり、自分で自分を支える事を困難な「立てない身体」に向かってしまいます。同時に支えの弱い部分をカバーする他の部分の負担が増えるため、局所的な筋緊張も強くなり、全身のアンバランスを引き起こすと「動きにくい、不快な身体」も進行します。
この様な場合、緩ませる事だけでなく、緩み過ぎている部位は引き締め強化して、支えとしての役割を果たせる様にしてあげる事が必要です。

 中心軸整体で用いる「緩める」という単語は、

  ・拘束で固まった組織を回復する
  ・股間節・肩甲関節体を分離解放する
  ・全身の関節を揺れる状態にする

 以上の事を目的に用いています。

 関節や、拘束部位の理解なく、そこらじゅうをただ揺らし続けても、グニャグニャした身体になっていくだけです。動きも変わりません。これでは類語のたるむに向かっている様なものです。